Pedro, Mika, Kentaroのサルサ談義(鼎談)その1・2

■ Pedro, Mika, Kentaroのサルサ談義(鼎談) 公開
コンペティションについて熱く語ってます!

 


mika

pedro

kentaro
Mika8歳から社交ダンスを始め’94年から3年連続で史上最年少全日本選手権大会『アマチュアラテンチャンピオン』に輝く。数々のダンスショーやTV・雑誌などに出演。振付指導も行う。

その後、キューバ人ダンスパートナーと出会いサルサダンサーへ転身。2001年キューバ国立民族舞踊団留学。2002年ダンススタジオカシーノ開校。2008年NPO法人 日本サルサ協会設立。サルサダンスの普及に務めている。

PedroLos Valientes代表。SHJ主催 日本サルサダンスコンペティションで審査員長を務める。その他にイベント等でも審査員を務める。

世界最大のサルサイベントであるLA サルサコングレスに日本人初の特別ゲストダンサーとして招待されその演技では会場のスタンディングオベーションを受ける。

子供たちのダンスへの取り組みも長年にわたり行い、海外のチャンピオンシップにおいて優勝のペアの指導も行う。

Kentaro1996年夏、偶然に入ったSalsa Caribeで、自分の世界を見つけたとの衝撃を受ける。

ダンス以上にラテンの雰囲気、気質に意気投合してしまい、2001年に脱サラをしサルサ業界に入る。サルサダンスは石川裕子&Manuelが主宰するLos Salserosに学びダンスよりも、そのラテン的な気質を、良くも悪くも?!学ぶ。

2009年、Salsa Hotline Japan(SHJ)入社。2014年よりSHJ代表を務める。

先日公開をして多くの方に反響ありがとうございます!

_DSC0158

 

 

 

 

■ Pedro, Mika, Kentaroのサルサ談義(鼎談) SHJサイトで連載開始!

SHJでは仕事がら、ほぼ毎日のようにいろんな方とサルサの話に花が咲きます。

そして、とても思います。これは話をしている当人同士でとどめるのはもったいない、というか多くの人に知ってもらいたい!そして多くの輪で議論して試して現実にしていきたい!

その第一弾として、Pedroさん、MikaさんとSHJ Kentaroの話を鼎談形式にまとめました。
2時間分のボリュームで、今回から4回に分けてUPしていきます。

本日 8/17 1回目
8/19(金) 2回目
8/23(火) 3回目
8/26(金) 4回最終回

の予定です!

とっても長い読み物ですが、この夏の暑さに負けず熱く希望をもって語り合いました。

ちょっと脱線したりあるいは結構強気な発言だったりと思われるかもしれません。

でも、夢を持って実現するつもりで話をしました。

せひ読んでみてください!

★Pedro & Mika & Kentaroサルサ鼎談(テイダン) 1
http://salsa.co.jp/colum/pmk-vol1

★Pedro & Mika & Kentaroサルサ鼎談(テイダン)
http://salsa.co.jp/pmk-vol1-1★Pedro & Mika & Kentaroサルサ鼎談(テイダン) 2
http://salsa.co.jp/colum/pmk-vol2

 

 

カテゴリー: サルサイベント パーマリンク