Pedro, Mika, Kentaroのサルサ談義(鼎談)その3

 


mika

pedro

kentaro
Mika8歳から社交ダンスを始め’94年から3年連続で史上最年少全日本選手権大会『アマチュアラテンチャンピオン』に輝く。数々のダンスショーやTV・雑誌などに出演。振付指導も行う。その後、キューバ人ダンスパートナーと出会いサルサダンサーへ転身。2001年キューバ国立民族舞踊団留学。2002年ダンススタジオカシーノ開校。2008年NPO法人 日本サルサ協会設立。サルサダンスの普及に務めている。 PedroLos Valientes代表。SHJ主催 日本サルサダンスコンペティションで審査員長を務める。その他にイベント等でも審査員を務める。世界最大のサルサイベントであるLA サルサコングレスに日本人初の特別ゲストダンサーとして招待されその演技では会場のスタンディングオベーションを受ける。

子供たちのダンスへの取り組みも長年にわたり行い、海外のチャンピオンシップにおいて優勝のペアの指導も行う。

Kentaro1996年夏、偶然に入ったSalsa Caribeで、自分の世界を見つけたとの衝撃を受ける。ダンス以上にラテンの雰囲気、気質に意気投合してしまい、2001年に脱サラをしサルサ業界に入る。サルサダンスは石川裕子&Manuelが主宰するLos Salserosに学びダンスよりも、そのラテン的な気質を、良くも悪くも?!学ぶ。

2009年、Salsa Hotline Japan(SHJ)入社。2014年よりSHJ代表を務める。

Pedro & Mika & Kentaro サルサ鼎談 3

_DSC0158

カテゴリー: サルサイベント パーマリンク